GO

大韓民国の最初の仁川経済自由区域が経済自由区域のロールモデルを作っていきます。

仁川経済自由区域(IFEZ)は、2003年8月11日、松島、永宗、青蘿の3つの地区が韓国初の経済自由区域に指定され、グローバル都市として成長しています。

経済自由区域の指定趣旨と開発の目的に合致するよう、「グローバルビジネスフロンティア」を造成して、IT、バイオメディカル、再生可能エネルギー、AI、ドローン、先端航空産業など、未来成長動力を育てる先端産業都市づくりをはじめとするグローバル教育都市、環境に配慮し都市としての市民の生活の質を高める高品格文化芸術都市を作るためにさらに邁進します。
「神様は自然を作り、人は都市を作った」という英国の詩人のウィリアム・クーパーの言葉のように、神様が作り上げたこの大自然の海と干潟の上に人間の最も偉大な発明品と言われる「都市」を皆さんと一緒に作っていきたいと思います。

仁川経済自由区域庁は、企業にやさしいサービス行政文化を土台に、世界最高の都市を目指しています。

外国人投資家と国内企業の投資を大きく歓迎します。
인천경제자유구역청장 김진용

仁川経済自由区域庁長
キム・ジンヨン