GO

推進目標及び方向性

推進目標及び方向性

推進目標
  • オフィスビルを中心に個別企業及び多国籍企業の地域拠点を誘致
  • 中長期的にIT・金融産業の誘致によりビジネス都市を実現
推進方向
  • ビジネス基盤を拡充するための「(国際)業務団地」の構築を加速化
  • オフィスビル竣工や定住環境の整備に合わせたターゲット企業の選定、情報検索及び企業誘致の活性化
  • 金融部門の規制をIFEZ主導で緩和し、先進的で開放的な金融環境のテストベッドを推進
    • 松島国際都市 : グローバル企業HQ、入居企業支援のためのベンチャーキャピタルのクラスタリング、緑金融関連機関の誘致
    • 青羅国際都市 : 金融企業の主要系列会社及びデータセンター、人材開発院などのバックオフィス
    • 永宗国際都市 : 物流に関連した金融サービス機能(航空物流保険など)の強化
誘致企業
  • 国際ビジネスの場合、不動産開発業、プライベート・エクイティ・ファンド、インフラファンド、法律、財務・会計法人、金融業などサービス中心の企業

ビジョンと戦略


主な事業推進現況

主な事業推進現況 - 事業名, 概要
事業名 概要
松島国際業務地区の構築
  • 事業期間 : 2003. 01 ~ 2014. 12
  • 事業内容 : 北東アジア貿易タワー(NEATT)、ポスコ建設社屋、オフィスビル(B4-1,2, B5ブロックなど)
OKセンターの設立
  • 事業期間 : 2008 ~ 2013
  • 主な入居施設 : 宿泊施設(ホテル)、商業施設、オフィスビルなど
G-Towerの建設
  • 事業期間 : 2008. 09 ~ 2012. 8
  • 主な入居施設 : 国連機構、経済庁、公共機関など
多国籍企業などテナントの誘致
  • Cisco、OTIS、3Mなどの戦略的な投資者を優先的に誘致
  • グローバル企業のアジア地域拠点を誘致
  • IT・BT・航空・自動車関連企業の営業・技術支援部門をテナントとして誘致
国際機構の誘致
  • 松島国際都市に30以上の国連・国際機構を誘致
  • 国連及び国際公共機関の北東アジアの中心メッカとして育成