GO

国内・外の最高の企業と共に推進する素晴らしいビジョン

医療定住環境の改善により、仁川経済自由区域の競争力確保と医療複合団地の導入を通じた医療観光産業の活性化のため、セブランス病院、青羅医療複合タウンが建設される予定です。
medical

IFEZの医療施設

01. 松島国際病院
medical
より便利な外国人定住環境を造成するため面積80,719㎡、800病床規模の病院を建設し、診療と手術、回復などの生活の質の向上を支援
02. 医療複合団地
medical
病院‧R&D及び教育施設‧製造‧付帯施設複合団地の開発により医療サービスの高付加価値の創出
○(株)オステムグローバルの誘致
  • 内容 : 松島国際都市に製薬及び歯科医療機器の製造‧研究施設の建設及び病院の運営
  • 事業費 : 1,850億ウォン(FDI300万ドル)
  • 雇用 : 約1,500人
03. 松島セブランス病院
medical
医療定住環境の改善のため面積85,800㎡、500病床以上の規模のセブランス病院設立により経済自由区域の競争力の確保
  • 7工区の延世大国際キャンパス
  • 2019年に着工、2024年オープンを目標
  • 800~1,000病床規模
  • ロボット手術センターなど、最先端技術が集積された研究中心病院
04. 青羅医療複合タウン
medical
仁川空港へのアクセスと国際的能力を備えた国内専門病院の集積化により海外医療観光産業の活性化
  • 面積 : 261,635 ㎡
  • 主な施設 : 専門病院、専門医科大学、老人福祉施設など