GO

製造業部門の立地について

  • 原則として、IFEZが管轄する各種産業団地に入居する一種の計画立地方式を原則としています。
  • 工場施設投資家及び研究施設事業者は、産業団地別監理基本計画に基づき立地が可能であり、 IFEZ及び産業団地管理権者は入居申請者(外国人企業)に随意契約、公開売却(分譲)、賃貸などの方式で研究施設用地と産業施設用地の供給を行うことになります。
  • 外国人投資企業は、IFEZからの投資誘致公告に基づき、敷地確保を申し込んだり、個別の事業計画を提出することによって、立地を決定することができます。
img-Manufacturing Industries
  • 外国人投資企業は、敷地買取又は賃貸契約の際に、関連法律と仁川市の規定に基づき、様々な減免などのインセンティブが与えられます。
  • 仁川経済自由区域松島地区には、大規模な知識・情報・バイオなどに関連した先端産業団地が大規模に造成され、外国人投資企業に様々なビジネスチャンスを提供します。
知識情報産業団地
ソフトウェア、情報通信サービス、電子・情報機器、新素材、メカトロニクス(精密機器
先端バイオ団地
バイオ生産・研究団地、新薬生産関連施設、R&D施設など
5・7工区
ITクラスター造成事業が目標で、先端産業関連施設の誘致
  • 上記の内容に基づき、投資立地を希望する外国人投資企業は、産業団地別に立地可能な業種についてご確認のうえ、IFEZに事業計画の提出や敷地買取及び賃貸の申し込みを行ってください。
  • 敷地が確保されると、外国人投資企業は、工場設立の承認を申し込んだうえ、建築許可を得て建築に着工しなければなりません。その過程でIFEZは外国人投資企業による許認可取得を積極的にサポート致します。